今朝も寒いですね。
最近ではマイコプラズマ肺炎が流行っているとか
みなさま、うがいと手洗いを忘れずに健康に気をつけて下さいね。
今朝も元気な利用者さん、内職さんたちの声でSANPOは賑わっています。
今日もお仕事楽しみましょう!
 
 
内職加工
ここ数ヶ月でさらに障害者の就労支援事業をご理解いただける企業さまが増えてまいりました。SANPOはこれからもお仕事を頂ける企業様と共生できる障害社会つくりを目指して行きます。

 
 
先日、社員研修など運営する法人で働く方と話をさせていただきました。
私たちが障害者の就労を支援するという考えとリンクするところがあり、たいへん勉強になりました。
電話応対や名刺交換、商談時の座席位置など私が若かったころの新入社員研修を思い出しますが、最近では、新入社員に対して研修をするよりもリーダー研修を重要視する企業が増えてきているそうです。
研修メニューの中にはプレゼンテーションの技術のようなものから、コミュニケーションゲームを利用した自己紹介方法などさまざまメニューがあることに驚きました。
私の名刺一枚から話が広がり、15分以上も楽しいお話が出来た事に「この人本物だ!」なんて関心しました。
いろいろな話をたくさん聞かせて頂きましたが、ここではほとんど書けないことばかり(笑)
実際、わたしたちが行っている障害者の就労を支援する事業にも当てはまることばかりでとても勉強になりました。
障害者の「働きたい」という思い「収入がほしい」という願い、これはすべて就労継続を目指すモチベーションの素です。
このモチベーションの素を削ることなく、さらに上げていくことが私たちの障害者就労継続支援事業なんだとあらためて実感しました。
障害者の方の仕事に対する責任感を育て、自立出来る自信を増やしていくこと。
内職加工事業を中心に私たちに出来る障害者就労支援はまだまだたくさんあることを知りました。
SANPOには就労支援プログラムがあります。このプログラムはその時代、環境によって変化を続けていくものだと思います。
だからこそ、障害者社会だけじゃなく一般企業が抱える就労問題や雇用人材の情報がなければ、現代社会に適した最良のSANPOプログラムが完成することは出来ないと感じております。
現在、SANPOの障害者就労継続支援事業に賛同いただき、お取引させていただいている企業様の数がどんどん増えてます。
しかし、SANPOが障害者さん達の就労支援を行い続ける為には、まだまだ足りていません!!
内職関連のお仕事でしたらほとんどのことは可能です。数ヶ月前に立ち上がったミシン事業部にも順調に人材が育ってきています。
加工から製品、商品化に発送までの一連のアウトソーシングシステムもまだまだ余裕があります。
しっかり稼いでいただいている内職さんたちもどんどん増えています。作業スキルも増えています。
仕事がどんどん増えています。作業をする人材がどんどん育っています。新しい内職さんがどんどん増えています。
どんどん、どんどん、どんどんの障害者就労継続支援事業所のSANPOですが、まだまだやりたいことが山積みなんです。
内職作業先に困っている企業様、担当者さまご連絡下さい。
内職をしたいと思っている方、自分の時間を有効に使いたいと思っている方お問合せ下さい。
障害者の方で、就労したい、働きたいと思っている方ご連絡お待ちしております。
障害者就労継続支援事業所SANPOのもっともっとのほしがり屋さんにご協力よろしくお願いします。
 
 
 
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO
障がいをお持ちの方で、安定した収入を目指した方や一般就労を目指したい方、SANPOで一緒に働きませんか?
一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所をご利用になりたい方は【利用要綱】こちらから
【一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所のご紹介】
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所【観 舎(かんしゃ)】こちらをクリック
東京都江東区の障害者就労継続支援a型事業所【阿梨ヶ舎(ありがとう)】こちらをクリック

内職の事は、「内職のSANPO」こちらをご覧下さい。
内職加工を依頼したい企業様、内職を始めたい方は、一般社団法人SANPOまでお気軽にお問合せ下さい。
お問合せは、ホームページの「メールでお問合せ」をクリックしていただくか
お電話番号 TEL :076-281-0380 まで
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO、お気軽にご連絡くださいね