今月は神無月(かんなづき)です。
日本全国の神様が出雲の国にある出雲大社に集まるため、それ以外の神社から神様がいなくなることから「神がいない月」という意味があります。
出雲の国集まった神様は、そこで縁結びの会議を行うそうです。
恋愛に興味の無い人はしらけでしまいそうですが、出雲大社でいう「縁結び」とは恋愛だけではないようです。。
人と出会うこと恋人同士や、夫婦となることはもちろん、親子や土地に家、仕事に就くこと、旅や食べること、物を買うこと遊びことなど、生きていることすべてがご縁であり、出雲大社の「縁結びの会議」は、生きることのすべて、運命のめぐりあわせについての話し合いがされているそうです。
生きていくことは「縁結びの連続」であり、その縁結びを神様が話し合っているといわれています。
かなりスケールの大きい会議が行われているんですよ。
この出雲大社では今月「神在祭」が行われ、恋人を探している方や良縁を求めている方は方はもちろん、多幸とご縁を求める方が全国からたくさん集まる人気のある祭りがあります。
SANPOでも障がい者就労支援を通し、障がい者社会で生きる方と一般企業とのご縁を考えて毎月「しあわせの縁結び会議」を職員さんたちが行っています。
神様のような力はありませんが、自分達の出来ることをひとつひとつ積み重ねながら障がい者と企業さまが良縁に結ばれるよう努力しております。
障がい者の就労をバッチリ支援しているSANPOは、今日も元気に営業中!
 
 
障がい者就労支援
SANPOはいつでもどこでも良縁成就を願って働いている職員さんたちで賑やかに元気に仕事楽しんでいますよ。
 
 
わたしたちSANPOがご縁を大切にしているのは、障がい者の方たちと一般企業はもちろんですが、もうひとつ大切にしているご縁があります。
それは、私たちと同じ志を持つ障がい者就労支援事業所さんたちです。
SANPOが開所当初から取組んできた障がい者の一般就労、障がい者雇用についていろいろなプログラムを実施してきました。
プログラムによっては一つの事業所では難しく不可能に近いものがいくつもあり、どうすることも出来ずに悔しい思いをたくさんしてきました。
そこで他の事業所さんとの情報交換を通じ、事業所の間で協力し、たくさんのチャレンジを繰り返したことで、不可能だと思っていた就労支援プログラムが簡単に出来る事を知りました。
今、SANPOと同じ方向性をもった事業所の職員さん達といっしょにたくさんの新しい就労支援プログラムを共同開発しています。
さらに、これら共同開発している就労支援プログラムにもたくさんの企業様からご理解を頂き協力していただけているおかげで、どんどんスケールが大きくなっています。
これも、すべて「ご縁」があってこその話。
地域社会と企業、障がい者社会の「縁」を「結ぶ」障がい者就労支援事業所として、これからもSANPOはまだまだ成長していきます。
このSANPOのホームページに来たのもご縁。このブログを読まれた方もご縁です。すべてがSANPOとのご縁の始まりです。
障がい者の方で「働きたい」と思っている方、お気軽にご連絡下さい。
内職をしたいと思っている方、お電話、メール下さい。
内職や加工依頼を考えられている企業の方、担当者の皆さん、どんどんお問合せ下さい。
私たち職員はみなさまからのご縁を心からお待ちしております。
 
 
 
 
 
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO
障がいをお持ちの方で、安定した収入を目指した方や一般就労を目指したい方、SANPOで一緒に働きませんか?
一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所をご利用になりたい方は【利用要綱】こちらから
【一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所のご紹介】
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所【観 舎(かんしゃ)】こちらをクリック
東京都江東区の障害者就労継続支援a型事業所【阿梨ヶ舎(ありがとう)】こちらをクリック

内職の事は、「内職のSANPO」こちらをご覧下さい。
内職加工を依頼したい企業様、内職を始めたい方は、一般社団法人SANPOまでお気軽にお問合せ下さい。
お問合せは、ホームページの「メールでお問合せ」をクリックしていただくか
お電話番号 TEL :076-281-0380 まで
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO、お気軽にご連絡くださいね