一般社団法人SANPOは常に進化することを求めいくつもの課題に取組んでいます。
障害者就労支援サービス事業のSANPOでは、緊急に求められている障害者雇用問題と真正面から向き合い、社会福祉の観点からだけではなく、一般社会の一般企業の厳しい現実を取り入れながら、障害者の安定した就労環境を作る事を第一に考えています。
障害者総合支援法によって、障害者がもっと「働ける社会」に一般就労へ移行することを目的としたサービスの実現。働く意欲と能力のある障害者を育て、企業などで働けるよう支援するプログラムの作成に取組んでいます。
一般社団法人SANPOは、これまでの障がい者就労支援事業のやり方を尊重しながらも一般企業が求める厳しい就労条件を学び訓練を繰り返すことで、障がい者の社会進出、障がい者の仕事の創出、これからの新しい共生社会の枠組みに対応出来る障がい者就労支援サービス事業所です。
障がい者就労継続支援A型事業所を立ち上げてからまだ一年と少ししか経っていませんが、職員さん達の積極的に課題に取組む姿勢はどこの障がい者就労支援サービス事業にもけっして負けないと自信があります。
どんどん新しいプログラムがSANPOから生まれています。
障がい者の仕事を創出し、障害者雇用問題に真正面からぶち当たる力がSANPOにあります。
障がいを持っていて「働きたい」を応援する私達と一緒に働きませんか?
 
 
 
障がい者就労継続支援A型事業所
新しいSANPOがはじまります。新しいプログラムで利用者さんの仕事をフォローアップします。
 
 
 
石川県の障がい者就労継続支援A型事業所の観舎では、サービス担当者だけのプログラム会議が行われました。
議題はずばり
「利用者さんの就労継続」についてです。
国の法律である障害者総合支援法による障がい者さんの就労支援で可能な自分達のサービスは何があるのか?
が最大の課題としていろいろな意見が炸裂しました。
社会福祉の観点と仕事(利益)を融合させる為の課題はとても厳しく簡単には答えは出ません。
しかし、職員ひとりひとりが自分の意見を持ち自身をもった発言によって、普段の仕事をどのように捉え各々に抱える課題にしっかり取組んでいる姿勢が見えたすばらしし会議だったと思います。
今ある仕事に責任をもって取組む姿勢。それこそが利用者さんに作業を指導する職員さんの一番大切な仕事だと私は思っています。
利用者さんを一番に考える上で大切なことは、観舎に入ったからには数年で就労スキルを向上させ彼らの生活を安定させることが出来る人材に育てること。
けっして甘えさせてはいけない。でも厳しくてもいけない。
少しずつ成長させるプログラムが私達に求められている課題だと考え、日々これに取組んでいます。
今回の会議ではとてもすばらしい意見があがり即プログラムに反映する事になりました。
今の時代に求められる人材を育てるSANPOプログラムは、日々進化し続ける新しいスタイルの障がい者就労支援サービス事業所です。
 
 
業務拡大、新規事業で職員さんが足りません!!
見学だけも結構です。明るく他のしい和気藹々とした職場です。
私達と一緒に障がい者就労支援サービスのお仕事やりませんか?

またまた、障がい者の方で「働きたい」と思っている方もお気軽にお問合せ下さい。
 
 
 
 
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO
障がいをお持ちの方で、安定した収入を目指した方や一般就労を目指したい方、SANPOで一緒に働きませんか?
一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所をご利用になりたい方は【利用要綱】こちらから
【一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所のご紹介】
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所【観 舎(かんしゃ)】こちらをクリック
東京都江東区の障害者就労継続支援a型事業所【阿梨ヶ舎(ありがとう)】こちらをクリック

内職の事は、「内職のSANPO」こちらをご覧下さい。
内職加工を依頼したい企業様、内職を始めたい方は、一般社団法人SANPOまでお気軽にお問合せ下さい。
お問合せは、ホームページの「メールでお問合せ」をクリックしていただくか
お電話番号 TEL :076-281-0380 まで
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO