10月に入りいよいよ冬支度を考える季節になってきました。
年の瀬にはいろいろとお金がかかるものですよね。
毎年、年の瀬になると私は一話の落語を思い出すんです。
 
 
 
石川県 内職
内職さん達は、その時代の文化や経済にそっと携わってきた職人さんなんです。内職をやりたい方を大募集中で~す!
 
 
 
 
江戸文化とは町民文化とも言われ、長屋に暮らす人々の人情が落語のはよく出てきます。
博打の親父の話で、大切な娘が借金のかたで吉原に・・・。
内容はここでは書きませんが「文七元結」なんていう古典落語です。
バカ親父が見せる江戸っ子ぶりが面白く、温かくて感動させてくれる内容です。
 
落語や時代劇に長屋の生活風景に内職がよく出てきます。
内職ってすごく昔からある職業だと知っていますか?
江戸時代の町民文化(長屋文化)から生まれたと言われています。
江戸時代に盛んだった内職は、巻煙草(たばこ)、マッチの箱張、ラムプの笠(かさ)張、貿易品亀(かめ)の子、足袋(たび)縫、鼻緒縫、編物、蝋燭(ろうそく)の心巻き、団扇(うちわ)張」などが記録に残っているそうです。
その当時の内職さん達は、華やかで粋な江戸文化を象徴するような物を作っていたんですよね。
明治から昭和の高度成長期までに内職も様変わりし、繊維関係、電気機器関係、雑貨加工などの業種が多くなりました。
この時代の内職さんたちも、日本の高度成長時代を代表するものを作っていました。
さらに1990年代以降、従来の家内労働(内職)と分けた在宅就労として情報通信機器を活用した設計・製図・デザイン、文書入力、データ入力、ライター・翻訳、イラストレーター、ホームページ作成などが多くなっています。
今現代、最新の技術で最新の商品を作っているのが内職なんです。

昔から続く内職は、いつの時代でもその時代を代表するような商品に携わっている立派なビジネスなんです。
一般社団法人SANPOでは、事業拡張の為内職さんを大募集しています。
経験無くても安心して下さい!内職に経験はありません!
SANPOが親切丁寧に教えるから自分のペースで自分の時間で少しずつスキルを上げていただければそれでOK!
ガッツリ働きたい人も余った時間で働きたい人も大歓迎です。
 
これからもっともっといろいろな仕事が入ってくるので、自分にあった作業を見つけるなら今がチャンス!
 
お気軽にお問合せ下さい!!
 
 
そ れ か ら ♪
 
内職を依頼したい企業さん、大歓迎です!
現在、東京都を中心とした関東近郊から大変多くお問合せを頂いております。
直接会って打合せをしたい!という関東の企業さまからご依頼でも、一般社団法人SANPOには、東京都江東区にある障がい者就労継続支援A型事業所の阿梨ヶ舎があり必要であれば打合せすることも可能です。
こちらもお見積だけのお問合せも大歓迎です。
お気軽にお問合せ下さい!
 
 
 
 石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO
障がいをお持ちの方で、安定した収入を目指した方や一般就労を目指したい方、SANPOで一緒に働きませんか?
一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所をご利用になりたい方は【利用要綱】こちらから
【一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所のご紹介】
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所【観 舎(かんしゃ)】こちらをクリック
東京都江東区の障害者就労継続支援a型事業所【阿梨ヶ舎(ありがとう)】こちらをクリック

内職の事は、「内職のSANPO」こちらをご覧下さい。
内職加工を依頼したい企業様、内職を始めたい方は、一般社団法人SANPOまでお気軽にお問合せ下さい。
お問合せは、ホームページの「メールでお問合せ」をクリックしていただくか
お電話番号 TEL :076-281-0380 まで
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO