流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます。
卒業シーズン、出会いと別れが一気に押し寄せてきます。
その流れに気持ちが落ち着かず、心のバランスをとるのが難しい季節です。
季節の変わり目は健康はもちろんですが、この時期は心のメンテナンスもしっかり行っていきましょう!
今日も元気に楽しく仕事やるぞ!
 
 
障害者施設 
SANPOには自分を成長させるお仕事がたくさんあります。スキルアップをしてお仕事がどんどん楽しくなるよ。
 
今日は、SANPOの「感動フィルター」について少しお話します。
SANPOでは毎月すべての事業部の職員が集まって職員会議を行います。
会議はお昼過ぎから始って夕方までしっかりと時間をとります。
会議の中身は、SANPOプログラムの話を中心に、利用者の就労環境や作業状況、生産加工部の作業状況など多種多様な話題がどんどん出てきます。
職員さんたちは自分の持ち場以外の話にも意見を求めれます。
部署が違っていても職員全員がその問題や課題を共有し他人事ではなく自分事として意見を出し合います。
その為、とても白熱する会議には、いろいろな意見が出てメモがとても追いつかない事の方が多いのもこの会議の特徴です。
そのいろいろな意見が飛び交う会議でも、メモを取らなくてもしっかりと頭のデータベースに保存される意見というものがあります。
職員さん達は日々障害者と向き合い、就労支援を考えて仕事をしています。
その環境で職員さん達の【やる気】を動かしているのは【人の気持ち】です。そしてそこにこそ就労支援の≪核≫があるんですよね。
「今の意見は面白い」「グッと心に沁みた」「その考え方は新しい」「着眼点が面白い」などなど、【人の気持ち】を動かす言葉ってたくさんあるんです。
それが、「感動フィルター」に引っかかった言葉です。
この頭の中に勝手にインプットされていくデータベースを会議が終わり日々の仕事で思い出し、新しいフォルダに整理されていきます。
SANPOで行う毎月の会議は、参加者ひとりひとりが役者さんでさらに脚本がない舞台で公演するようなものかもしれません。

職員全員が障害者就労支援の精度を高め、利用者さんやご支援いただく企業様、取引先様に選ばれる事業所を考えているからこそ、少しずつ前進することが出来ていると考えています。
自画自賛で申し訳ないですが、本当に優秀な職員さんばかりがSANPOに集まっています。
障害者の方で働きたいと思っている方、SANPOで仕事を楽しみませんか?
お気軽にお問合せ下さ~い!

石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO
障がいをお持ちの方で、安定した収入を目指した方や一般就労を目指したい方、SANPOで一緒に働きませんか?
一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所をご利用になりたい方は【利用要綱】こちらから
【一般社団法人SANPOの障害者就労継続支援A型事業所のご紹介】
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所【観 舎(かんしゃ)】こちらをクリック
東京都江東区の障害者就労継続支援a型事業所【阿梨ヶ舎(ありがとう)】こちらをクリック

内職の事は、「内職のSANPO」こちらをご覧下さい。
内職加工を依頼したい企業様、内職を始めたい方は、一般社団法人SANPOまでお気軽にお問合せ下さい。
お問合せは、ホームページの「メールでお問合せ」をクリックしていただくか
お電話番号 TEL :076-281-0380 まで
石川県かほく市の障害者就労継続支援a型事業所SANPO、お気軽にご連絡くださいね